給料ファクタリング【個人】を徹底解説 【注意】

別途サービスの御案内

給料ファクタリングは摘発があり、各業者撤退の傾向にあります。同様のサービスとして後払い・ツケ払いの現金化のサービスが注目されていますので、参考にして見て下さい。

ツケ払い・後払いの現金化お勧め業者

バンドルペイ

借金せずに即日現金化!!

後払い現金化サービスとは?

本来代金を支払い購入しないと
販売できない商品を
後払い購入から売却まで
即日現金化をサポートできるサービスです。

後払い現金化サービスは
融資ではなく
商品の現金化です借金じゃないから、利息もゼロ!
さらに借入データに
残ることもありません。
取引は2社間で行うので、
勤務先にバレる
心配はありません。

バンドルペイ

借金せずに即日現金化!!

後払い現金化サービスとは?

本来代金を支払い購入しないと
販売できない商品を
後払い購入から売却まで
即日現金化をサポートできるサービスです。

後払い現金化サービスは
融資ではなく
商品の現金化です借金じゃないから、利息もゼロ!
さらに借入データに
残ることもありません。
取引は2社間で行うので、
勤務先にバレる
心配はありません。

給料ファクタリングとは

・個人向けのファクタリングである
・新しい金策方法として注目をされている
・金融ブラックでも利用できる
・違法性が高い事や闇金に似ているとなどという指摘もあり注意が必要

以上が大きなまとめになります。詳しく解説していきます。

 

給料ファクタリングの契約方法

 

給料ファクタリングとは、給料をファクタリング業者に買い取って貰い、給料日の前に給料をもらう金策方法になります。簡単に言ってしまえば、給料の前借に近いです(売買ですので担保ではありません)

給料は労働に対する対価になり、後日貰うことが出来ます。難しい言い方をすると、個人が会社に債権を持っている事になります。これを給料債権と呼びます。

この給料債権をファクタリング業者に買い取って貰って、お金を手にする事が出来るのが、給料ファクタリングの仕組みになります。

ファクタリングは借り入れではありませんので、当然借金ではございません。将来の労働の給料の担保にした前借でもないので、後日に利息や返済を迫られることがありません。あくまでも、給料債権の売買契約になります。

ファクタリングは借金ではなく売買契約です。契約方法は大きく2つが存在します

二社間ファクタリング

二社間の給料ファクタリングの表です

ほぼ全ての業者がこの二社間ファクタリングになります。

利用者とファクタリング業者で行われるファクタリングになります。

二社間ファクタリングの手順
1・利用者とファクタリング業者が給料債権の譲渡契約【給料の売買契約】を凍結
2・ファクタリング業者が手数料を引いた金額を利用者に振込入金
3・利用者が給料日に給料を会社から受け取る
4・受け取った給料をファクタリング業者に支払い

二社間ファクタリングは勤務先に知らせる必要がなく、債権譲渡の同意も必要ありません。したがって勤務先に内緒でファクタリングを利用することが出来ます。

三社間ファクタリング

三社間の給料ファクタリングの表です

こちらの方法は殆どの業者はやっておりません。

三社間ファクタリングは、利用者・ファクタリング業者・勤務先の会社で債権譲渡を行うファクタリングの事を指します。

三社間ファクタリングの手順

1・利用者は事前に会社にファクタリングの同意を会社から得る

2・会社がファクタリング業者に給料債権を譲渡

3・ファクタリング業者が手数料を引いた金額を利用者に振込入金

4・会社がファクタリング業者に利用者の給料を支払う

三社間ファクタリングは利用者が会社の同意が得る必要があり、現実的には厳しいと思います。勤務先の印象も悪くなることが予想されるので、リスクも覚悟して下さい。

ただ、二社間ファクタリングと違い三社間ファクタリングは業者への支払いを会社が行う事になりますので債権が未回収のリスクが低くなるので、二社間ファクタリングより手数料が安く設定される模様です。

給料ファクタリングの詳細・特徴

審査について

キャッシングのような信用情報による審査は勿論ありませんが、確認程度の審査は行われます

審査・確認事項

・毎月給料を受け取っているか(給料明細・入金通帳の提示)

・勤務先の会社の業績

・闇金からの借り入れ(情報がある業者にはチェックされる可能性があり)

・在籍確認
・通帳のコピー

他のファクタリング会社からの入金などが確認されると、審査が通らない可能性が高まるでしょう。

利用できる金額

業者によって、様々になりますが基本的にファクタリング業者は給料債権の全額を買い取ってはくれません。買取の際には業者によって基準値が設定されていて、多くは初回のご利用額を5万~15万ぐらいに設定しています。

只、給料債権の金額や勤務先の会社によって金額が上がる事は充分にあり得ます。

手数料

上記にも書いたようにファクタリングには必ず手数料が存在します。業者によって勤務先の信用・勤務歴など様々な決定ポイントがありますが

おおよそ15%~30%になります、買取率に置き換えると70%~85%ぐらいになると思われます。

例・手数料15%の場合

使う額【給料】手数料入金額
50,0007,50042,500
100,00015,00085,000
150,00022,500127,500

ご利用の金額は利用者が決めれますので少額なら大きな金額にはならないですが、給料満額などの数十万を使ってしまうと大きな金額になってしまうので、ご利用は良く考え、計画的に行うのが良いでしょう。

 

入金までのスピード

給料ファクタリングはキャッシングではないため、信用情報の審査が必要ないために、非常にスピーディーな契約になります。即日は勿論の事、一時間以内に入金対応してく業者も存在します。

給料ファクタリング・メリット

大きなメリットは以下の4点になります

メリット
1・審査が無い
2・金融ブラックでも利用できる
3・即日でお金を手に出来る
4・会社の倒産による、給料の未払いを防げる

解説していきます

審査が無い

借り入れではございませんで、利用者自身の信用情報の審査は御座いません。勤務実態や勤務先の会社の情報、本人確認などが、重要になってきます。

金融ブラックでも利用できる

何度も言いますが、借金ではないので、当然、金融事故のある方でも利用する事が出来ます。

・返済に遅れたことがある

・自己破産・債務整理をしている

・多重債務をおこしている

・総量規制のギリギリ迄借り入れがある

その様な方でも、給料ファクタリングはご利用出来ますので、ご安心下さい。

即日でお金を手に出来る

厳しい審査がないために、確認事項だけしっかりと、通過できればすぐに現金を手に出来る事が出来ます。当然、即日で現金調達出来る事になります。

会社の倒産による、給料の未払いを防げる

給料ファクタリングを、利用した後に万が一勤務先の会社が倒産したり、給料の支払いを拒否したとしても、利用者は、受け取ったお金を返す義務ありません。

そういった、リスクも手数料に含まれていますので、ご安心下さい。

給料ファクタリング・デメリット

当然デメリットもあります大きくは以下の4点になります

デメリット

1・グレーゾーンな事

2・悪徳な業者が存在する

3・会社からの信用をなくす可能性がある

4・手数料が高い

解説していきます

グレーゾーンな事

給料ファクタリングはここ数年で出来たサービスになります、そのために法律はまだ、整備出来ていません。手数料が高いという事を考えますと、給料ファクタリングは法律的には大丈夫でも、俗にいうグレーゾーンに当たるものと考えられます。

そして、将来は法の整備が行われて、規制があったり、違法になる可能性もあります。

悪徳な業者が存在する

実際に、闇金融や個人間融資などという金融業と変わらない契約だったり、ファクタリングを装っているでけの金融業者が存在するみたいですので充分に注意が必要になってきます。

被害の例として

・会社に言うといわれ、口止め料を請求された

・取り立て行為をされた

・金融業者を紹介され、返済を迫られた

などがあげられます

会社からの信用をなくす可能性がある

あまりないケースですが、手数料の安い三社間の給料ファクタリングを利用すると当然、勤務先の同意が必要になってきますのだ、経済的に状況が宜しくない事が発覚してしまいます。

一概には言えませんが、お金にルーズな人、給料を管理できない人と思われがちになり、会社からの信用を失う事もあります。

この様なケースを避けたい方は、三社間ではなく二社間を選んで利用して下さい。

手数料が高い

キャッシング・借金は利息制限法で上限が決まっていますので、正規の金融機関から莫大な利息を取られることは御座いません。

ですが、ファクタリングはキャッシング・借金ではないために、利息制限法は当てはまりません。手数料に法律がありませんので、利息と比べるとかなり割高な手数料が掛かる事になります。

給料ファクタリング・違法なのか!?

上記でグレーゾーンと解説はしたのですが、利用者が特に気になる点だと思いますのでもっと詳しく解説していきます

新聞でも記事になっていたみたいですが、賛否両論ありますが、先に言ってしまうと

給料ファクタリングは違法ではありません

理由は給料ファクタリングが、給料債権の買取だからになります

契約上、金銭の貸し借りに当たらず、出資法・利息制限法・貸金業法どれにも接触致しません。以上のことからいくら高い手数料であっても違法行為にはならないのです。

労働基準法では給料の譲渡は禁止されていますし、今後、悪徳業者の存在が社会問題になれば法律や規制が変わる可能性は充分にあり得るでしょう。

給料ファクタリングの審査が通らない理由

利用者の方が利用が否決になったパターンを紹介したいと思います。主に以下の三点になります

・給料が振込でなく手渡しの場合

・申し込みに不備・虚偽がある

・在籍確認がとれない

解説していきます

給料が振込でなく手渡しの場合

給料が手渡しのケースは振込の確認、支払いの確認が取れないため、否決される可能性が非常に高くなります。

銀行口座を開設できない人とみなされてしまう可能性もあります。給料ファクタリング業者もリスクを避けるために否決している業者が多いようです。

申し込みに不備・虚偽がある

申し込みに、虚偽があって、見つかった場合は確実に否決になります。当然ですよね信用問題に関わります、虚偽をする人とは契約できないという事でしょう。

ですから、利用者は一切の虚偽や不備なく申し込みをして下さい。少しでも多くのお金を得ようと虚偽をするなどは、否決の可能性を高めてしまいますので、ありのままで、申し込みをしましょう。

在籍確認がとれない

給料ファクタリングは給料債権を買い取るわけですから、勤務先の在籍確認はマストになります、こちらの確認が取れませんと上記と同様に否決の可能性が高いです。

在籍確認の時間指定などは出来る業者もありますので、あらかじめファクタリング業者に伝えましょう。

取引の流れ

業者よって多少の違いはあると思いますが、必要な物、契約の流れなどを解説していきます

必要書類

・顔写真付きの身分証明

・給与明細・給料が振り込まれていることがわかる通帳のページ

・入金用の銀行口座

・勤務先の証明できる物【社員証・保険証・名刺】バイトの方は源泉徴収票

必要な物は基本的には以上になります。

次に流れを解説していきます

申し込みと書類提出

まずは申し込みになります、インターネットの申し込みフォームを記入して送るか、電話での申し込みが基本となります。それと同時に必要な書類をメール・LINE・FAXなどで送ります。

内容説明と審査

申し込みを送りますと、ファクタリング業者から連絡が入ります、そこで必要な事を質問されます。同時に内容の説明もあるでしょう。

そして審査というか、確認が行われます。

契約と入金

確認が済みましたら、ファクタリング業者から条件の提示・支払日の説明などを提示されます。

ご納得したらファクタリング契約を行います。【条件が酷い様でした、きちんと交渉や断る事も大事になります】

契約後、ファクタリング業者から指定した銀行口座に入金があります

支払い

【二社間ファクタリングの場合】上記で決めた支払日に給料が入りましたら、お支払いをします。

【三社間ファクタリングの場合】勤務先の会社がファクタリング業者に支払いをします。

 

以上が流れになります。

まとめ

利用者に理解して欲しい大事な要点は

理解しておいてほしい事

・ファクタリングは借金ではない

・手数料が高い

・グレーゾーンの取引

・悪徳業者の存在する

以上は最低限ご理解の上でご利用下さい。

大事な事は内容を把握して納得して契約する事と良い業者を探し取引する事です。

お勧めのファクタリング業者

K2ソリューションズ

今すぐ資金繰りを改善したい貴社のベストパートナー

最短即日対応!

業種不問!
個人事業主様にも対応!

介護ファクタリングにも対応!

K2ソリューションズ

今すぐ資金繰りを改善したい貴社のベストパートナー

最短即日対応!

業種不問!
個人事業主様にも対応!

介護ファクタリングにも対応!

追記

2020.6.4

ここ最近給与ファクタリングの問題のニュースが沢山取り上げられています、集団提訴や違法性の判断などがありますので、充分に気お付けて下さい。

ツケ払い・後払い現金化業者ランキング

厳選したツケ払い・後払い現金化業者を紹介しています。様々な特徴の業者がありますのであなたにピッタリな業者が見つかります。

おすすめの記事