『Paidy(ペイディ)』後払いの即日現金化方法『厳選5業者』を紹介

後払いサービス最大手のPaidy(ペイディ)、AmazonやAppleで買い物出来たりと非常に人気の後払い決済サービスになります。

今迄はPaidy(ペイディ)を利用した現金化方法は商品を自分で購入して売却する古典的な方法しかなかったのですが、この度ペイディプラスといった新たな機能を追加した事によりVisaのバーチャルカードを利用する事が可能になりました。

このことによって即日現金化が可能となりました。

バーチャルカードの発行方法と現金化方法を詳しく解説していきます。

Paidy(ペイディ)とは?

ペイディ アイコン

大手の後払い決済サービスです、Amazonでの買い物やapple製品の後払いサービスなどぎょうかいTOPのサービスを展開しています。

メアドと携帯番号だけでOK

メアドと携帯番号を入力して、SMSで届く4桁の認証コードを入力するだけで、お買い物ができます。

お支払いはまとめて翌月

毎月のご利用分を、翌月10日までにコンビニ・銀行振込・口座振替でまとめてお支払い。コンビニ支払いならレジでアプリを見せるだけ。

分割手数料無料の3回あと払い

ペイディアプリから本人確認をするだけで、分割手数料無料*の3回あと払い**が使えます。

様々な後払い決済サービスが今はありますが、基本は翌月迄の一括払いを用いているサービスが多い中後払いPaidyペイディは3回迄は無料で分割での返済が可能となっていてユーザーの方の支払い方法を多様化しています。

分割が可能な事により高額商品の購入や高額の現金化を可能にしているとも言えます。

どこでもペイディ

ペイディアプリから本人確認をするだけで、分割手数料無料*の3回あと払い**が使えます。

支払い方法にペイディを登録すると、Yahoo!、メルカリ、PayPalであと払いや3回あと払いが利用可能に。

このどこでもペイディを利用して即日現金化をすることが可能になりました。

非常に有能な後払い決済サービスがバーチャルカードを発行可能になった事によりさらに利便性が高まりました。そして即日現金化にも利用できます。

どこでもペイディを利用するには無料の『ペイディプラス』を利用する必要があります。

バーチャルカード発行のどこでもペイディの他にも便利な機能が付いていますので是非有効活用してください。

紹介していきます。

後払いペイディ
欲しいものを今すぐ!支払いは翌月でOK✨

あと払いペイディなら
✅メアドと携帯番号だけでお買い物
✅お支払いはまとめて翌月
✅3回あと払いも分割手数料無料*
*銀行振込・口座振替のみ無料

ペイディプラスの後払いペイディでどこでもペイディ(バーチャルカード)利用で即日現金化が可能

『ペイディプラス』とは!?

ペイディプラス申し込み手順

ペイディプラスで利用できる機能
・Paidy3回あと払い
・利用額の上限の確認
・どこでもPaidy(Visaバーチャルカードの発行)後払い決済カード

どこでもPaidyとして支払えばVisaブランドが使えるネットショップで利用可能となります。

発行されたバーチャルカードの番号を入力しる必要がありますが多くのショップで利用出来るようになりました。

本人確認は必要になりますが、新しい機能の『ペイディプラス』が搭載されました。無料で登録できます。

ペイディプラス申し込み方法

決済サービス「Paidy」を提供する株式会社 Paidy(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉江陸、以下、Paidy)は、同サービスのアプリにおいて、AI 顔認証による本人確認とお客様ご自身による予算設定機能を実装した「Paidy プラス」を 4 月中旬より提供開始いたしました。

【Paiady プラスについて】
「Paidy プラス」は、本人確認と予算設定を実装した「Paidy」の新たな機能です。アプリから設定いただけます。本人確認機能は、eKYC※1によるオンライン上で完結する AI 顔認証を採用しております。Paidy アプリ上で運転免許証と顔写真を撮影し本人確認手続き※2を行うことにより、アカウントのアップグレードを完了いたします。本機能は、生体認証クラウドで培った精度の高い画像照合率を誇り、厳格かつ簡便な顔認証を行えることが特徴です。予算設定機能はお客様ご自身によって、月々の予算設定が行えます。

(※1) eKYC は、electric Know Your Customer の略称で、本人確認をオンラインで行うことを指します。
(※2) 当社の本人確認は、株式会社 Liquid(株式会社 ELEMENTS グループ)の LIQUID eKYC を採用いたしております。「LIQUID eKYC」について https://liquidinc.asia/liquid-ekyc/

『あと払い』『3回あと払い』を使ったお買い物が可能に

ペイディ

Paidy3回あと払いとは、Paidyで利用可能な分割払いです。Paidyプラスにグレードアップすると利用できます。

分割手数料は無料です。

利用金額を3回に分けて、初回を翌月、2回目を翌々月、翌々月の10日(振替は12日)に支払いを分割に設定する事ができます。

Paidy利用の買い物の際に、通常のPaidy払いか3回あと払いかを選択をするか、あとから3回あと払いに変更も可能です。

基本3,000円以上の買い物で利用可能です。注:利用出来ないサイトもあります

『どこでもPaidy』(Visaブランドのバーチャルカード)

現金化に利用できる方法として大事になってくるのがこの新しい『どこでもPaidy』です。

ご自身で現金化を利用するにしてもクレジットカード現金化業者にお願いするにしてもどこでもPaidyペイディ『バーチャルカード』は必ず必要になります。

これを発行する事により後払いPaidyペイディの利用の幅が通常のクレジットカードとほぼ同様の形に広がります。

はっきり言ってこのバーチャルカードを発行してチャージが完了すれば通常のクレジットカードと殆ど同じです。ほとんどのネットショップで利用できます。

Visaと連携されている事で、ペイディプラスユーザーにはクレジットカードに似たペイディ用の「識別番号」カード情報が(Visaから)発行されるます。

(アカウント→どこでもペイディ)で確認できます。

利用限度額も300,000円迄は確認できています。
ペイディプラスの特徴
・本人確認に時間が掛からない
・直ぐに利用出来るようになる
・どこでもペイディで登録外のお店でも利用可能(現金化も出来る)
・枠が最大300,000円
・3回迄分割手数料が無料

Paidy(ペイディ)の現金化方法

どこでもペイディでバーチャルカードを発行すればVisaが使えるお店は殆ど決済出来るようになりました。

したがって、他のプリペイドカードやチャージ式のバーチャルカード同様に現金化にも利用出来ます。

Amazonギフト・電子ギフト券は購入出来るのか?

電子ギフト券

現金化の人気の商材Amazonギフト券が購入出来るかは気になる所ですが、

ペイディはAmazon内のショッピングはバーチャルカードを利用しなくても買い物出来る仕様になっていますがAmazonギフトはペイディでは購入出来ません。

バーチャルカードを利用したAmazonギフトの購入は様々な観点から控えた方が良いでしょう。

一括請求などされたら大変です。

せっかく作ったバーチャルカードをAmazonギフト券やギフト券を購入して現金化を疑われて利用停止の可能性を高めるよりもクレジットカード現金化業者の利用を強くお勧めします。

理由は最近のAI機能は非常に精度が高く、換金性の高い商品は直ぐに疑われてしまうからです

Paidy(ペイディ)の現金化方法で一番適しているのはクレジットカード現金化業者の利用になります。

昨今の現金化業者は非常に優良なお店が多く、時間を取らせずにスピーディーに高換金率で現金化してくれます。

対応しているお店は限られていますので下記を参考にして下さい。

Paidy(ペイディ)を現金化出来る現金化業者

現金化

厳選しました、どのお店も安心してご利用出来るお店になります。

クレジットカード現金化
『スマイルギフト』
スマイルギフトのアイキャッチ
クレジットカード現金化
『あんしんクレジット』
クレジットカード現金化
『インパクト』
クレジットカード現金化
『らくらくマネー』
クレジットカード現金化
『かんたんキャッシュ』
かんたんキャッシュTOP

Paidy(ペイディ)のSNS

ペイディではTwiterを運用しています、最新情報を入手する事が出来ます。

後払いPaidyペイディ現金化に関するTweet

まとめ

まとめ

メルペイやバンドルカードなど最近は後払い市場の利用者数が激増しています。

Paidy(ペイディ)は最大手と言ってよい決済会社でしたがバーチャルカードの発行を見送っていた為に利用出来るお店に限りがあった為に利用者は伸び悩んでいました、がこの度どこでもペイディとしてVisaバーチャルカードを発行した事により使えるお店が大幅に増えました。

間違いなく更に人気の後払い決済サービスになっていくでしょう。

現金化目的の利用としても人気になりそうです。

ペイパルとペイディ

2021/9にペイパルが3000億でペイディの買収しました。

ペイディは今後さらに大きなマーケットに対応出る仕様になる事が予想されユーザーにとっては使い易くなっていくでしょう。

現在はメルペイの一人勝ちの状況でしたが間違いなくペイディがメルペイの対抗もしくはそれ以上の後払い決済サービスになっていく可能性高いです。

クレジットーカードを作れない方ににもPaidyペイディは大きな味方となっています。

今後はPaidyペイディやメルペイの様な形の後払い決済サービスが主流になっていく模様です。

ペイパルに買収された事により会社の規模がその他の後払いの決済業者と比べ段違いに大きな会社になりましたので今後の成長が見込めます。

PayPalは8日、あと払いサービス「ペイディ」を提供している株式会社Paidyを3,000億円(約27億ドル)で買収すると発表した。日本での越境EC事業や日本の決済市場で機能やサービスを拡充し、存在感をさらに高めていくという。2021年第4四半期に買収完了予定。

ペイディのブランド力やサービスと、PayPalのオンライン決済の専門知識、リソース、グローバル展開を組み合わせ、日本でのビジネス展開を強化していく。

Paidyが提供するあと払いサービス「ペイディ」は、日本の消費者がオンラインで商品を購入し、利用金額を翌月にまとめてコンビニエンスストアや銀行振込で支払えるサービス。Paidyでは独自の信用スコアを算出し、取引を引き受け、加盟店への支払いを保証。消費者が快適で安全なオンラインショッピングをできる環境を提供する。加盟店のコンバージョン率、平均注文額、リピート購入の向上などに寄与しているという。

Paidyのアカウント数は600万を超え、グローバルブランドやECモールとのパートナーシップを構築。また、「どこでもペイディ」の提供開始によりPayPalやその他のデジタルウォレットやQR決済との連携を実現し、オンラインや実店舗で利用できる加盟店を拡大している。

間違いなくPayPalペイパルとPaidyペイディの相性は良くなります。ペイパルアカウントにPaidyペイディのバーチャルカードを登録しておけば、ある程度なんでもどこでも買い物が可能になります。
何らかの理由でクレジットカードが持てない方には非常に重宝する価値のあるサービスです。

Paidyペイディを現金化するならこの業者

どこでもペイディ

5社を厳選致しました。

どの業者も安全にPaidyペイディを現金化する事が可能です。

クレジットカード現金化
『スマイルギフト』
スマイルギフトのアイキャッチ
クレジットカード現金化
『あんしんクレジット』
クレジットカード現金化
『インパクト』
クレジットカード現金化
『らくらくマネー』
クレジットカード現金化
『かんたんキャッシュ』
かんたんキャッシュTOP

その他人気のバーチャルカード『メルペイ』

Paidyペイディと共に人気のバーチャルカードがメルカリの発行している電子マネーの【メルペイ】になります。正直独自の審査で非常に緩く枠が大きく取れる事から非常に人気になっています。

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

『クレカ現金化』優良店ランキング

厳選したクレジットカード現金化業者を紹介しています。様々な特徴の業者がありますのであなたにピッタリな業者が見つかります