紹介している『現金調達方法・業者』が違法行為ではないのか!?

 

即日・現金調達ガイドで紹介している、サービスや現金調達方法が違法なのかどうかを検証していきたいと思います。法律は常に新しく足される可能性はありますので変化には充分注意して下さい。

現金調達方法それぞれの違法性

まず、紹介している4個の方法ごとに違法性が在るのかどうかを検証していきます。

ファクタリング【法人】の違法性

ファクタリングは違法ではありません

法律上何の問題もございませんので、ご安心下さい。

ただ、ファクタリングを騙ったやり方の貸金業者などは、別の問題になってきますので注意して下さい。

実際にファクタリングには色々の種類があり、大手企業や・銀行なども活用していますので安心して下さい詳しくはこの記事をお読みください

お勧め業者

K2ソリューションズ

今すぐ資金繰りを改善したい貴社のベストパートナー

最短即日対応!

業種不問!
個人事業主様にも対応!

介護ファクタリングにも対応!

給料ファクタリング【個人】の違法性

給料ファクタリングは違法ではございません

追記:2020/6/26
給料ファクタリングに関する法律が変わる可能性があります。現在も訴訟なども起こっており。充分に注意が必要です。ご利用を控える事も一つの手段です。

給料ファクタリングは違法ではございません。ですが、あくまでも今の所と言わして下さい。最近この給料ファクタリングを問題視する、記事をよく目にいたしますので、いつ制限が出来たり、法改正が行われてもおかしくないですが、どれも時間が掛かる事ですので直ぐに違法になる事はありません。

ですが、非常にグレーな現金調達方法な事は間違いありません。法律的にはOKという事です。

何故違法ではないのか
1・貸金業では無い事
2・取り締まる法律がない
以上の二つが大きな要因になっています。

質問:給料ファクタリングは違法ですか??

回答:ファクタリングは貸金業ではなく、貸金業法上の違法ではないとされているようです。従って、金利の規制、貸付の総量規制の問題には触れないということです。しかし、給料の現実払いの問題もあり、限りなくグレイだと思います(加納 雄二 弁護士)

2020年後半に給料ファクタリング業者、皆無になりました。当サイトでも紹介している業者は一切ありません。

Amazonギフト券現金化の違法性

Amazonギフト券の現金化は違法ではございません

コチラは全くと言っていいほど違法性はございまん。

ですがクレジットカード現金化と同様に、売却【現金化】目的で、クレジットカードを利用すると、カード規約違反に当たる可能性はあります。お持ちのクレジットカードによるのですが、厳密に言ってしまうと、違法行為ではないものの、カード規約違反でカード停止になるなどという事はあり得ます。

実際、Amazonギフト券ではなく、もっと換金率の高い新幹線の回数券の売買などは違法行為ではないですが、カード停止などのトラブルがつきものですので、注意が必要です。

話が少しそれましたが、金券類の売買は決して違法ではありませんが、カードのよっては規約違反の可能性が在り、ペナルティーを受けてしまう事もあります。

Amazonギフト券は基本的に自分で利用するかプレゼント用として販売されています。その為に、現金化や転売目的の利用は考えられていません。Amazonの規約違反にあたる可能性があります。
何故違法ではないのか
Amazonギフト券は古物営業法と関係ないからである。現在の法律で電子マネーは古物商に含まれていないために売却したところで、法律には触れていないのです。

お勧め業者

ギフト券買取『ギフトグレース』
業界トップレベルの買取率を維持できるのは、お客様が多いから!
・業界トップの満足度とリピート率があるのは安全だから!
・無駄な手数料一切なし、表記通りの買取!振り込み手数料も無料!
・24時間営業!振込は夜中もOK!24時間電話対応の丁寧なカスタマーサポート!
・売上60億円超!貿易業が本業の安全な会社が運営しています
換金率・振込スピード
常に変動『ホームページ』参照
営業日時
24時間・年中無休
買取出来るギフト券
ほぼ全て
お勧め度・安心度
◎100%『ホームページ』記載通り

クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化は違法ではございません

ハッキリいってこちらの方法はグレーゾーンです。

使うクレジットカードによっては、カード利用規約違反に当たりますが、

買ったものを売った売らないは、個人の見解になってしまいます、

・元々、売却予定で購入して売却した

・本当に要らなくなったので、購入した物を売却した

同じ行為なのです。

この曖昧な所が、適法・違法の線引きが非常に難しいのです。

クレジットカードの現金化業者が逮捕された事もありますが、罪に問われたのはあくまでも現金化する際の金利が出資法で定める上限金利を上回っていたからであり、現金化の行為そのものを罰したわけではありません。

お勧め業者

ツケ払い・後払いの現金化の違法性

ツケ払い・後払いの現金化は違法ではありません

違法性はございません。

しかし注意しなくてはいけない点もございます。しっかりとした契約が結ばれている事が大事です。商品を後払いやツケ払いで購入する事は当然違法ではありません。そして商品を売却する事も違法ではありません。ですので問題ないのですが、現金化業者と販売元、売却先などがしっかりとしている事が大事です。

多数業者があります。現金化の形だけを取っている業者が出てくるかもしれません。ですので業者選びは慎重にお願い致します。

お勧め業者

後払い・ツケ払い現金化『リード』
eコーマースシステム『リードレビューシステム』で即実報酬(現金)GET!!
・リードの自社商品を購入して、宣伝する事によって報酬『現金』が貰えます。
・非常に簡単に手続きが完了しますので安心です。
・【最短30分】でご利用いただけます。
・2020年度顧客獲得数ナンバー1店舗
定休日
受付:年中無休・電話対応:平日09:00~18:00
振込スピード
最短30分~
特徴
在籍確認不要・独自システムの利用

まとめ

法律

掲載してる方法に現在ハッキリと違法行為とよべるものは御座いませんので、ご安心して下さい。

しかし、グレーゾーンの取引で今後どうなるかわからない物や、違法ではないものの、規約違反などの恐れがある取引は御座いますので充分に注意して、ご利用して下さい。

そして、このような現金調達方法を利用するという事は以下のようなリスクが付いてくることをご理解ください。

リスク

1・金銭的に損をしている取引である

2・詐欺や犯罪に合ってしまう可能性がある

様々なリスクや金銭的な負担が大きい取引だという事実はあります。しかし、有効に活用すれば、ピンチを救ってくれる可能性もあります。

法律も進化していきます、その時その時にユーザー様がしっかりと調べ、納得して利用する事が何より大切な事だと思います。