ファクタリング【法人】を徹底解説

ファクタリングとは

まずここで言っているファクタリングは【法人】用の事を指してますので宜しくお願いします。最近聞く給料ファクタリング(個人向け)とは別物ですので勘違いしないようにして下さい。

では本題です、ファクタリングとはズバリ

【売掛債権を入金前に売却・譲渡して資金化をする現金調達方法】です

簡単にいうと仕事の決まっている入金予定を前倒しで手にする方法になります。

売掛債権とは

基本的な事ですが上記の売掛債権が理解できていないと、ファクタリングも理解できませんのでここでは、【売掛債権】を解説します

【製品・商品の販売やサービスの提供でその代金を(利用料)を請求できる権利】になります

売掛金の出来る仕組みビジネスの多くは信用取引で行われています。順序を簡単に説明すると

売掛金が出来る仕組み【信用取引】

1・契約

2・商品・サービスの納入

3・請求書の発行

4・【売掛金の発生】☆

5・請求金額の入金

契約をして仕事をしてお金を請求そして入金と流れがあり3番から5番のに売掛金【売掛債権】が出来るのです。

この4番の売掛債権を利用して5番の入金前に現金調達す事がファクタリングです。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングウィ利用するにあたって仕組みを理解する事は非常に重要です。

まず2個の仕組みがあります、【二社間ファクタリング】と【三社間ファクタリング】です。

難しい説明は沢山あるのですが、わかり易く簡潔にいうと、売掛先(取引先)に内緒に実行する方法が二社間、売掛先(取引先)に承諾を貰って実行する方法が三社間ファクタリングになります。

実際の所、基本的に契約に債権譲渡の禁止事項が付いていたり、取引先への評判を気にする観点からも殆どが二社間ファクタリングで行われてる様です。

二社間ファクタリング

二社間ファクタリングを図で説明しています

二社間ファクタリングの手順

1・売掛金の発生

2・利用者とファクタリング業者で契約を結ぶ

3・ファクタリング業者の買取金の支払い

4・取引先から利用者への入金

5・利用者が手数料を含めた金額をファクタリング業者に支払い

上記が二社間ファクタリングの手順です、簡潔に言うと、売掛金をファクタリング業者に売るという事です。当然、満額というわけもなく、手数料も三社間ファクタリングよりも高くなります。

三社間ファクタリング

三社間ファクタリングを図で説明しています

三社間ファクタリングの手順

1・売掛金の発生

2・利用者、ファクタリング業者、取引先の三社で契約を結ぶ

3・ファクタリング会社から利用者に手数料を引いた売掛金が入金

4・本来の期日に、取引先からファクタリング業者に売掛金の支払い

上記が三社間ファクタリングの手順になります。二社間ファクタリングよりも手数料は安いですが、取引先の承諾が必要になってきますので、実際の所は中々難しいでしょう

様々なファクタリングの種類

一般のファクタリング評者を使う上記二つを解説しまいたが、ファクタリングはこの二つ以外にもありますので簡単に説明します。

一括ファクタリング

・売上として企業が保有する【売掛債権】を買い取る形式のファクタリングサービスの事

上記で説明した、二社間ファクタリング・三社間ファクタリングがコチラに当たります。

売掛金を譲渡して、それをファクタリング業者が買取る、基本的なファクタリングサービスの事を言います。

医療報酬債権(診療報酬債権)ファクタリング

・医療報酬債権(診療報酬債権)を買い取る形式のファクタリングサービスの事

保険診療のケースは病院やクリニック、調剤薬局などは保険の機関に請求します。保険で支払われている、国民健康保険や社会保険に請求する事になります。大体自己負担が三割、保険が7割ぐらいですので七割は保険金からの入金という事になります、これを医療報酬債権(診療報酬債権)と言います。

介護報酬債権・調剤報酬債権・も同じです

これらの債権は入金までの期間が三か月位掛かってしまいます。入金は翌々月なのです。この間の資金繰りの対策をファクタリングで行う事を言います。

医療報酬債権(診療報酬債権)ファクタリングは一括ファクタリングより手数料が安いです。

保証ファクタリング

・売掛先が倒産しても債権の入金を保証するサービスの事

主に建設業界に用いられる手法になります。

こちらは、買取ではなく売掛金が回収不能になった時に支払われます。いはば【保険】みたいなものになります。一般的なはあまりメリットを見出せんが、長いスパンで仕事をするケースの多い建設業では売掛先が倒産するリスクはどうしても、無視できないものになります。

連鎖、倒産などの危険性もあり、そのようなリスクを回避するために、保証ファクタリングを利用するのです。

国際ファクタリング

海外企業からの入金を確実にするサービスの事

一番なじみのない、海外の企業と取引している方のサービスとなります。

輸出・輸入には、基本的には【Letter of Credit(L/C)】と呼ばれる、いわゆる信用状を用いますが、銀行を介する信用状は審査が厳しいほか、書類がないとやりとりできないため、回収不能に陥るリスクを拭いきれないなどのデメリットがあります。

国際ファクタリングでは、国内の銀行と海外の銀行が提携するため、海外企業への売掛債権を確実に回収することができます。

ファクタリングのメリット

二社間ファクタリングのメリットをまとめていきます

メリット

・即日で資金調達が可能

・審査が柔軟

・回収の義務がない

・保証人・担保が要らない

・信用情報に影響がない

・極秘裏に資金調達が可能

以上になります、詳しく説明していきます

即日で資金調達が可能

大きなメリットして資金調達のスピードが速い事がまずあげれます。

最短・即日で入金可能な業者も多数存在していますので、時間のかかる銀行系融資などとは違います。

もしもの時には最短で助けくれる可能性があります。

審査が柔軟

あくまで、ファクタリングは債権の買取ですので、信用情報の審査は関係ございません。多少の債務超過や、税金等の未払いなどは柔軟に審査する傾向にあります。

銀行やノンバンクが厳しい方はそちらに時間を取られるよりも、可能性の高い、ファクタリングに目を向けてみる事も大事です。

回収の義務がない

ファクタリングは、債権を譲渡します。ですので、取引先が未払いや経営破綻したとしても、責任を負う事はありません。

取引先の倒産のリスクを回避できる事は大きなメリットの一つです。

保証人・担保が要らない

借り入れでは無いので勿論、保証人・担保は不要になります。こちらも大きなメリットになります。

ファクタリングは売掛債権(=資産)を売却する取引なので、物品を売るようにその資産の対価を手に入れる事が出来ます。

信用情報に影響がない

何度も書きますが、ファクタリングは借入ではなく、売買または譲渡行為です。その為に会計上も負債になりません、決算上で赤字が増える事もございません。

ですので、今後の融資などの審査・対外信用に影響は与えない、メリットとなります。

極秘裏に資金調達が可能

二社間ファクタリングは取引先に通知されずに資金調達が可能です。周りに気づかれずに資金調達出来ます。極秘に進められるメリットがあります。

また、本来の目的とは少し異なりますが債権を売ってしまえば、万が一売掛先が未払い・不渡りを起こしてもあなたが不利益を被ることはありません。

ファクタリングのデメリット

二社間ファクタリングのデメリットをまとめていきます

デメリット

手数料が掛かる

債権譲渡の登記が必要なケースがある

手数料が掛かる

デメリットというか、当たり前ですがファクタリング業者の報酬・手数料が発生します。借金の金利などよりも、高く設定されています、考え方にもよりますが、これをデメリットととらえる方もいるでしょう。

債権譲渡の登記が必要なケースがある

売掛金の受取権利がファクタリング会社にあることを公的に証明するために、債権譲渡登記を求められるケースがございます。金額が高額になると多いです。

債権譲渡登記を行うと、どなたでも債権譲渡の事実を知ることが出来ます。取引先が調査を行うとは考えずらいのですが、完全に秘密というわけでは無くなってしまいます。

さらに、登記には数万円の費用が発生し、これも手数料とは別に負担する必要があるためデメリットとして書かせていただきます。

お勧めのファクタリング業者

TRY『トライ』

最短1日で資金調達できる資金繰り改善の仕組みです。

ファクタリングのトライ(株式会社SKO)のここが違う!

①業界最低水準の手数料(5%~)
②徹底した秘密厳守
③最短1日でのスピーディな資金化
④償還請求権なし(ノンリコース)
⑤経験豊富な専門の担当者が申込~実行まで親身に対応

K2ソリューションズ

今すぐ資金繰りを改善したい貴社のベストパートナー

最短即日対応!

業種不問!
個人事業主様にも対応!

介護ファクタリングにも対応!

まとめ

今すぐに、急ぎで資金が必要な経営者の方にはこのファクタリングはお勧めです。借り入れでは無いので様々なメリット・デメリットを比較して頂いてご検討して頂ければと思います。

利用者に理解して欲しい要点は

理解しておいてほしい事

・ファクタリングは借金ではない

・手数料が高い

・資金調達方法としてスピードは優れている

・悪質な業者も存在する

以上は最低限ご理解の上でご利用下さい。

大事な事は内容を把握して納得して契約する事と良い業者を探し取引する事です。

追記

2020/9/16

給料ファクタリングの摘発のせいで何か、法人のファクタリングまでイメージが悪くなってしまいましたが、まず全くの別物ですのでご安心ください、通常の法人のファクタリングは銀行、銀行の子会社などもおこなっています。

注意しなくてはいけない事は法人ファクタリング業者も本当多数あり、手数料・スピード・ファクタリングの契約内容等、かなり多様化してきていますので、良く調べが必要です。中には悪い際どい業者も存在しますのでご注意下さい。

ファクタリング優良業者ランキング

厳選したファクタリング業者を紹介しています。様々な形に特化していますので、御社にピッタリな業者が見つかります。

おすすめの記事