【経営者様必見】会社の資金繰りの全て

経営者様・個人事業主様に向けて法人・個人事業主様の現金調達方法をまとめてみました。基本的な現金調達から、少し特殊な現金調達方法まであらゆる方法を紹介していますので、是非参考にして下さい。

会社設立前後の資金調達方法

まずは会社の設立の前後の現金長鐵方法になります

法人・会社起業の時における現金調達方法は大きく二つに分類されます

負債(デット)返済を伴う現金調達。第三者からの借り入れを増やす方法

株主資本(エクイティ)返済の必要が無い現金調達。新株の発行等により実質的な自己資本を増やす方法

設立した会社は、長年実績のある会社と比べると資本や現金調達の選択肢が少ないため、他人から借りる(負債)という選択肢も上手く使いながら会社の成長を目指すケースも多いです。ただし当然ですが、他人から借りれば返済しなければなりません。自己資本だけで成長することが理想ですが、上手く資金調達を活用する方法を理解しておく必要があります。

実際にどのような資金調達手段があるのか説明していきます。

5個の資金調達方法

親族・友人・知人

まず思いつくのが、知人、友人、親族など非常に親しい人間からお金を借りる資金調達です。これは相談次第で簡単の様に思いますが、後々の返済のトラブルなどもあるので、借りた後の事を良く取り決めをしてください。

お金の切れ目が縁の切れ目とはよく言った物です。人間関係やトータル的な事を全て含めて行動して下さい。

投資家

個人投資家、エンジェル投資家という言葉はよく聞きますが、実際にどのような人がいるのでしょうか。個人投資家の多くは実際に起業経験者である程度の企業を経営している方が多いのです。身近に個人投資家がいれば、事業計画を持って相談しにいくのも資金調達の近道です。しかし、普通はなかなか知り合う機会がありません。紹介も期待できないケースが多いです。ですので、なかなか稀なケースと言えるでしょう。

日本政策金融公庫

創業融資は設立直後の会社の資金調達法として最も実現性が高いものと言えます。調達可能な額としては、最大2,000万円までですが、事業実績が無くても無担保無保証で融資を受けられる可能性があるので、創業時の事業スピードを考えて検討する価値はあります。

信用保証協会

創業時の資金調達としては、日本政策金融公庫(国民政策金融公庫)の創業融資ともう一つ制度融資があります。創業融資に比べ金利が安いのが利点ですが、審査期間は創業融資に比べ少し長くなっています。

助成金・補助金

創業時における助成金・補助金は数多くあります。助成金・補助金は返済の必要が無いお金ですから非常に大きなメリットがあります。しかしながら、助成金の問題点はお金が入ってくるまでにとにかく時間と手間がかかることです。基本的には申請すれば確実に入ってくると計算できるものでは無いので、短期の資金繰りには向きません。

会社の現金を増やす方法

ここからは一般的な資金調達とは違い考えをを変えれば資金調達とも取れる事例です。【資金調達=お金を借りる事】ではなく、【キャッシュを増やすこと=資金調達】と考えればいろいろな手法が出てきます。その方法を紹介していきます。

仕入れ先との交渉

仕入先との交渉によって支払条件がかなり後回しにしてもらう事は多いにあり得ます。例えば、毎月の支払い期限を45

日遅くすることが出来れば、1ヶ月半分のキャッシュを調達したことになります。最も、契約時に有利な条件で交渉しておくことが重要ですが、契約後であっても交渉の余地はあることを頭に入れておきましょう。

ただ、あまりにも支払いを待ってもらう事は会社の信用問題に関わってきますので、基本的には最初の取り決め通り、期日通りに支払うのが当然好ましいです。

売掛金の回収

売掛金の早期回収もある意味で資金調達の手段と捉えることが出来ます。入金期限が過ぎた売掛金は当然ですが、早期に入金してもらう事も交渉次第では可能です。遅れている売掛金を回収するのは中々厳しい事ですので、あまり期待しすぎないようにして下さい。ですが売掛金ですから、しっかりと回収しましょう。

売掛金を前倒しで業者に手数料を払って現金を手にするのがファクタリングになります。(支払い期日を過ぎている売掛金をファクタリングするのは不可能です)

これも、基本的には取り決めどおり期日に支払いを受けた方が好ましいです。

顧客の前払い

商品やサービス、業務内容にもよりますが、顧客に前払金を支払ってもらうこともキャッシュを増や事ができます。前払金や着手金は意外と採用している会社が少ないのですが、例えばWEB制作会社の場合、前払金として半金を着手時に入金してもらうことも可能ですし、サービスが差別化されていれば、全額を前払いしてもらうことも交渉次第です。契約次第だと思われますので上手に交渉して下さい。

資産の売却

必要性の無い資産を売却することも資金調達の手段と言えます。使用していない資産や利益を生んでいない資産を売却すれば売却資金を得られますゴルフ会員権や不動産などもその例ですが、最近ではWEBサイトの売却というのも多く見られます。資産と言っても色々と在りますので必要、不必要を見極めて頂いて不必要な物をキャッシュにして下さい。

緊急時の運転資金・事業資金・繋ぎ資金・調達方法

会社経営の中で、緊急にお金が必要になる場面は多々あります。月末急に取引先の入金が翌月になるとの連絡が入った、手形の期日に現金がない。このままだと不渡りになるといった場面です。

このようなときは、どこかから資金を調達しなければなりませんが、銀行から数日以内にお金を借りることは一般的に不可能です。

このようなときにはどのような資金調達の手段があるのでしょうか?下記で徹底解説していきます。

銀行融資では間に合わない

銀行からの借入では、数日以内に資金を調達することは不可能です。銀行審査は早くても1週間程度の時間がかかり、場合によっては3週間以上の時間がかかってしまうためです。また、審査によっては、数日待った結果【融資できません】という回答となる事も結構あります。

銀行からの融資は少なくともお金が必要になる1か月前程度では申し込んでおく必要があり、緊急の資金繰りを銀行からの借入によって調達することはかなり難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

緊急時の資金調達方法

緊急でお金を調達する方法として、以下の4つの方法があります。

どれも銀行・信用金庫などの金融機関からの資金調達ではない方法になります。

ノンバンク

銀行などの金融機関でない消費者金融などの貸金業者をノンバンクといいます。

このノンバンクも個人事業主や法人向けの事業資金の融資を行っています。

ノンバンクのビジネスローンの特徴は銀行融資とは真逆で、融資までの時間が早い、審査が甘い、金利が高いなどを挙げることができます。

利息が厳しい

銀行と違い大変厳しい利息になっている所が殆どです。後先考えずに手を出してしまうと後に首を絞めることになりかねないので、充分に検討して計画的に借り入れを起こしてください。

経営支援はない

銀行は融資取引のある企業に対しては、その後の経営が順調かどうかという経営支援を行い、もしも返済が困難になった場合には、返済条件の緩和などのさまざまな支援を行ってくれます。

銀行融資は会社の将来へ責任を持つため、会社の収益から返済できないお金の融資を行わないのです。

しかし、ノンバンクは会社の収益では返済困難でも担保や保証人によって回収可能であると判断すれば、融資は行ってくれます。

後日返済が難しくなった時には、銀行のような支援を行わずに、担保や保証人から回収を行うだけになってしまいます。

ノンバンクからの借入はあくまでも自己責任で、融資を受けたことによって、返済や利息負担で困窮するかどうかは、審査の際には加味されないということをよくよく理解して借入を検討する必要があります。

迷惑を掛ける可能性がある

ノンバンクを利用している経営者の中には、元金の返済ができないために毎月利息だけを支払っている人もいます。

ノンバンクはいざとなれば不動産や保証人から元金を回収することができるので、利息だけを支払えば元金の支払いを待ってくれることがあります。

元金は保証人や担保から回収、利息は借主からと考えているのが、不動産担保や連帯保証人を要求するノンバンクです。

連帯保証人や担保を要求される場合には、ノンバンクは最初から不動産や連帯保証人によって回収を考えていますので、いざというときには他人に迷惑がかかる可能性が非常に高いということをよくよく理解しておきましょう。

借り入れ時に条件を良く確認して借り入れしましょう、現金欲しさに安易に借りてしまうと、後に痛い目にあう可能性があります。

銀行への信用低下

 

ノンバンクのビジネスローンを利用していることを銀行が知ると、企業に対する銀行の信頼は低下します。

銀行は、銀行から融資を断られた企業がノンバンクに手を出して倒産したという事例を山ほど見てきているためです。

銀行からの信頼が低下したことによって、手形の書替を断られたり、当座貸越の継続を断られたりする場合には、銀行に借りているお金を一括で返済しなければなりません(稀なケースではありますが)

すると、資金的に困窮し、倒産に追い込まれる可能性が高くなります。

ノンバンクの利用を銀行が知ると、銀行からの信頼は確実に低下して、結果として倒産となってしまうような事態にもなりかねないということを理解してノンバンクを利用する必要があります。ノンバンクが悪いとは思いませんが、銀行との取引を考えると少しリスクがありますので検討が充分必要になります。

ファクタリング

ファクタリングとは売掛債権の買取です。現金が必要な時に決まっている入金を業者に手数料を払って買い取って貰うのです。近い入金日になればなるほど手数料は安くなるでしょう。(手形の割引と少し似ているところがあります)

 

売掛債権を売却

売掛債権と一言で言っても色々と在りますが、入金日や入金先などによって売却の条件が変わってくるでしょう。売却ですので、もうその売掛債権の売却した金額は勿論、業者に抑えられるので計画的にご利用してください。

最短は即日に現金化

審査のスピードは業者によって様々ですが最短でその日に現金を手に入れる事ができる業者もあります。業者も多数存在し、審査基準やスピードはまちまちですが、銀行やノンバンクに比べたら断然ファクタリングの方が速いでしょう。

オフバランス化できる

今は、資産も負債も少なくして、無駄な資産と負債を持たないほうが会社の経営を効率化できるといわれています。

これを貸借対照表のオフバランス化といいますが、貸借対照表をオフバランス化することができれば、銀行からの評価も上昇します。

ファクタリングは借入金ではなく、売上債権という資産を売却しますので、借入金によって資金調達するよりも資産も負債も小さくすることができ、貸借対照表のオフバランス化につながるというメリットがあります。

信用がなくても資金調達できる

基本的に入金先の方が重要であり、御社の信用はあまり関係ありません。勿論簡単な審査はありますので、どなたでもというわけではありませんが、入金先がしっかりしている会社であったり何度も取引があったりすると契約しやすくなります。しっかりとした契約を結んでいて、過去に何度かその入金先と取引が存在すれば間違いなくファクタリング出来るでしょう。(最近では契約書ではなくて請求書だけでファクタリング出来る業者も存在するみたいです)

注意点

昨今はファクタリング業者も多様化しており、しっかりとした業者選びをしないと大変なことになります。莫大な手数料を取られたりしないよ注意して下さい。闇金みたいな業者も存在するみたいなので大いに注意して契約してください。

TRY『トライ』

最短1日で資金調達できる資金繰り改善の仕組みです。

ファクタリングのトライ(株式会社SKO)のここが違う!

①業界最低水準の手数料(5%~)
②徹底した秘密厳守
③最短1日でのスピーディな資金化
④償還請求権なし(ノンリコース)
⑤経験豊富な専門の担当者が申込~実行まで親身に対応

K2ソリューションズ

今すぐ資金繰りを改善したい貴社のベストパートナー

最短即日対応!

業種不問!
個人事業主様にも対応!

介護ファクタリングにも対応!

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化を実現

簡単にいうとカードのショッピング枠を現金に変える事が出来るのです。やり方は業者によって様々ですが、現金化・キャッシュにできます。

イメージは少し悪いかもしれませんが、繋ぎの資金調達としてはとても優れている方法だと思います。

審査なし・最短15分・信用情報にのらない・利息0

クレジットカード現金化の良い点は、ご自身のクレジットカードで枠の方があればどなたでも簡単に利用できることです。しかもとにかく素早く現金を手にすることができます。

色々と内容や詳しい事は、このブログ内の別の記事を読んで頂くか、この記事内の下記にリンクを貼ってありますので、是非クリックして読んで頂き参考にして下さい。

 

法人・ビジネスカードご利用可能

 

もちろん、経営者様が所有する法人カード・ビジネスカードもご利用できます。むしろ大歓迎だと思います。経費計上できる可能性もあるみたいですよ。法人カード・ビジネスカードは一括払いが殆どだと思われますので、利用の際は計画的にご利用して下さい。

スタークレジット

大口利用大歓迎
このままじゃ給料日までもたない…
立て続けに冠婚葬祭で資金が足りない…
返済日までにお金が用意できない…
彼女とのデート資金がない…
家族や会社にバレずに資金調達したい…こんな悩みを解決

換金クレジット

他社より1%でも高く現金化する事を約束します
即日換金
お申し込みから最短5分でご送金できますので急な入用にも対応できます!高換金率
業界最高換金率で皆さまご納得いただいております!事故0
安全な現金化の方法をご案内してますのでカードが止まったなどの恐れは一切ありません!

街金融・闇金融

これはお勧めは一切しないのですが、本当に生きるか死ぬかの手段だと思って下さい。後々苦しむかもしれませんが、最後の最後の繋ぎ資金としては検討もありなのかもしれません。

厳しい言い方にはなってしまいますが、一度手を出してしまうともしかしたら地獄が待っているかもしれないのでお気お付けください。

まとめ

一概に事業資金、資金調達といっても、かなりの種類があります。その時の状況や環境によって使うべき物、使える物は変わってくるとは思いますが。一つだけ言えるのは、何を利用しよとも、後悔だけはしないように良く調べ、条件が違ったりしたら考え直す、全て納得して利用するようにして下さい。会社経営をしていくうえで、資金調達は最重要事項と言っても過言ではありませんので経営者の皆様は是非、貴社に最適な資金調達方法で会社運営をしていって下さい。

皆様の会社が繁栄することを願っています

ファクタリング優良業者ランキング

厳選したファクタリング業者を紹介しています。様々な形に特化していますので、御社にピッタリな業者が見つかります。

おすすめの記事