【最重要】クレジットカード現金化業者の本当の換金率を暴露

まず最初に言っておきます、クレジットカード現金化業者でホームページの記載通りに換金してくれる業者はありません。換金率とは別に手数料等が掛かります

換金率は嘘!?

これは説明の仕方や解釈の仕方によって変わってくるのですが、簡単に説明しますと換金率の%からその他掛かる費用が必ずあります。最大98%~などと良く目にいたしますが1,000,000円を980,000円で換金出来るわけがございません。

良く業者が理由として使うのが別途消費税や買取の価格に入っていないという意味不明な説明と、新規手数料、カード決済手数料などになりますが。実際の所は業者によって異なりますが、必ず何かしらの名目で振込金額を減らしてきます。

勘違いしないで欲しいのが、業者が悪いと言っている訳ではございません。実際にカード決済は手数料が必ず掛かります。基本的に5%~8%ぐらい掛かってしまいます。その時点でトータルで90%~以上の換金率などはあり得ない事が理解してもらえると思います。

沢山の業者がありますのでどの業者もユーザー獲得の為にギリギリの宣伝方法をおこなっているのです。

まとめ
換金率は嘘ではないかもしれないが、必ず物の費用も掛かるのでトータルホームページの表記通りのパーセンテージでは換金が出来ないという事になります。

良い換金率にする方法

大きな問題が実際の換金率がわからないという所になると思います。

残念ながら、ホームページやネットの情報だけではクレジットカード現金化業者の換金率を知る事は出来ません。実際に業者に問い合わせてみるしかないのです。

ハッキリ言ってしまいますと換金率は決まっていないです。交渉で変わってきます。

交渉のポイント

ではどうやって良い換金率を引き出せばよいのかわからない方にポイントを説明いたします。

まずはどの業者も75%~80%ぐらいの交渉は容易にできす。

交渉のポイント
・他社と比較していると言う
・~%以下だったら使わないとハッキリと伝える
・仲良くなり交渉する
・実際に何社かに問い合わせてみる
限界もありますが80%ぐらいなら上記のポイントをしっかりと行えば大丈夫です。

交渉の注意点

きちんと交渉してもあの手この手で条件を悪くしようとする業者があります。利益を出す為ですので業者も必死です。中には際どい方法をとる業者もいますので注意して下さい。

交渉の注意点
・敵対的な態度を取らない【あくまでお願いする立場です】
・条件がまとまってから変更をしてくる業者があるか【ひつこく確認する】
・必要書類を提出するまで換金率を教えない業者がある【条件を聞く迄提出しない】
・接客が悪い業者は使わない
上記の事は必ず注意して交渉して下さい。あまりないのですが悪徳な業者も存在致しますので注意して下さい。

実際の換金率は!?

やはりユーザーの皆様が気になるのが実際の換金率になると思います。

おおよそですが解説します。

まず、大前提に金額によって大きく変わってきます。1万円付くのと100万円使うの事が同じ換金率ではございません。

参考までに記載します。

∼50,00070%~78%
50,000~100,00070%~80%
100,000~300,00075%~82%
300,000~78%~85%

大きな幅を持たせて申し訳ないのですが、どの業者もこのぐらいまでは必ず交渉で引き出せるという数字を記載させて頂きましたのでご了承下さい。

お勧めのクレジットカード現金化業者

クレジットカードをお持ちでない場合の現金化

今はクレジットカードをお持ちでなくても、後払い機能やツケ払い機能を利用した現金化があります。業者によって手法は様々なのですが後払いで現金を作る事が出来ますので、ご検討下さい。

後払い・ツケ払いのお勧め現金化業者

後払い・ツケ払い現金化『バンドルペイ』

借金せずに即日現金化!!
本来代金を支払い購入しないと販売できない商品を
後払い購入から売却まで
即日現金化をサポートできるサービスです。
営業日時
年中無休(メール対応は24時間)
振込スピード
最短30分~
特徴
業界最安値の手数料と振込スピード
『クレカ現金化』優良店ランキング

厳選したクレジットカード現金化業者を紹介しています。様々な特徴の業者がありますのであなたにピッタリな業者が見つかります